タイ旅行 2日目 – 寺院に魂をみた -

こんばんは、キキです。

さて街中を満喫して、タクシーでワットポーに着きました。

ちなみにタイのお寺は、参拝時に靴をぬいで本殿に上がります。
あと女性の人は、ミニスカートなどは禁止。あまり肌を露出するのは良くないのです。

入場券をかって、さっそく境内を回ります。

ワット・ポーのラーマ1~3世仏塔
ワット・ポー ラーマ1~3世仏塔

ワット・ポーの梁飾り

入り口の飾りも含めて、やはり東南アジアですねぇ~。
東は韓国から、南西はミャンマーまで。みんなお寺は、原色使いの傾向。

そのなかで日本が素材を活かした造りを見ると、
料理も含めて 特異性が浮かび上がってくると思います。

日本はなんでも刺身だし、素材を大切にする国だなと。
かといって、他の国の文化が低いという意見ではないですからね(^_^;)

これは日本が海に囲まれた地理的な条件から
生まれた独自の文化で、誇って良いと思います。

「和」を体感しているからこそ、他国が面白く感じる。
この感性、これからも大切にしたいと思います。

さて話が横にそれましたが、てくてく歩いて本堂へ。
次回、涅槃仏と対面です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">